書く人も読む人も楽しめる、そんな記事を。

初手フルハウス

コラム

【遊戯王 大会結果】ヒノキ杯優勝の「未界域暗黒界」使用者インタビュー

投稿日:

今回は第13回ヒノキ杯チーム戦で優勝したチームの「未界域暗黒界」について取りあげます。

前回は「閃刀姫」の紹介でしたが、今回は「未界域暗黒界」を使用した「たけちゃん」さん(@M_M_TKR)にお話を伺ってきました。

今回「たけちゃん」が構築したデッキは、海外新規の「未界域」を「暗黒界」に組み込んだ未界域暗黒界です。

いったいどんな動きをするのでしょうか?

それでは「未界域暗黒界」について見ていきます。

「未界域暗黒界」のデッキレシピ

メインデッキ:40枚

  • 未界域のジャッカロープ x 3枚
  • 未界域のツチノコ x 3枚
  • 未界域のチュパカブラ x 3枚
  • 未界域のモスマン x 3枚
  • 未界域のネッシー x 3枚
  • 未界域のサンダーバード x 1枚
  • 未界域のビッグフット x 1枚
  • 暗黒界の術師 スノウ x 3枚
  • 暗黒界の狩人 ブラウ x 3枚
  • 暗黒界の尖兵 ベージ x 1枚
  • 終末の騎士 x 1枚
  • BF−精鋭のゼピュロス x 1枚
  • 妖精伝姫−シラユキ x 1枚
  • 亡龍の戦慄−デストルドー x 1枚
  • 成金ゴブリン x 3枚
  • 暗黒界の取引 x 3枚
  • 闇の誘惑 x 3枚
  • 終わりの始まり x 1枚
  • 手札抹殺 x 1枚
  • 貪欲な壺 x 1枚

エクストラデッキ:15枚

  • 外神ナイアルラ x 1枚
  • 外神アザトート x 1枚
  • No.60 刻不知のデュガレス x 1枚
  • 深淵に潜む者 x 1枚
  • PSYフレームロード・Ω x 1枚
  • I:Pマスカレーナ x 1枚
  • ブルートエンフォーサー x 1枚
  • セキュリティ・ドラゴン x 1枚
  • トロイメア・フェニックス x 1枚
  • トロイメア・ユニコーン x 1枚
  • ライトロード・ドミニオン キュリオス x 1枚
  • ヴァレルソード・ドラゴン x 1枚
  • 鎖龍蛇−スカルデット x 1枚
  • トポロジック・ガンブラー・ドラゴン x 1枚
  • トポロジック・ゼロヴォロス x 1枚

サイドデッキ:15枚

  • ドロール&ロックバード x 2枚
  • 増殖するG x 3枚
  • 原始生命態ニビル x 2枚
  • 暗黒界の龍神 グラファ x 2枚
  • 精神操作 x 2枚
  • ツインツイスター x 3枚
  • ハーピィの羽根帚 x 1枚

https://twitter.com/M_M_TKR/status/1183318172226555904

今回の「未界域暗黒界」の強み

先攻と後攻とでどちらでも動きやすいことが最大の強みです。

先攻では、暗黒界の特性を活かしてハンデスをしつつ、展開をして盤面を構えます。

後攻では、相手のリソースを削りつつ展開をするという流れになります。

「未界域暗黒界」の展開パターン

先攻では、未界域パーツで展開を始めます。

ドロー加速できるカードが多いので、手札と場のリソースを保ちながら盤面を固めて行きます。

基本的な最終盤面としては

  • 「4ハンデス 深淵 シラユキ」
  • 「4ハンデス シラユキ 相手ターントポジック・ゼロヴォロス」

の2パターンです。

「シラユキ」や「闇の誘惑」、「終わりの始まり」などで除外カードが増えるので、ゼロヴォロスの打点アップとも相性が良いです。

さらに、「増殖するG」を打たれた場合は、ドローと特殊召喚を諦めずに続けて手札抹殺で相手のデッキキルを狙えます。今回のヒノキ杯でも何度か相手のデッキを枯らしてデッキキルをしました(笑)

後攻では、展開しながら相手のリソースを削っていく動きが主です。

展開に対して相手の魔法罠を使わせながらヴァレルソード上級モンスターで後攻ワンキルを狙っていきます。

モンスターの効果の妨害に対しては、アザトートを展開に絡めながらワンキルに持って行きます。

「未界域暗黒界」のギミックについて

未界域と暗黒界は、お互いに「手札より捨てられた」効果が噛み合っている相性は良いと考えます。

ただし、初手によっては動けるパターンと動けないパターンの差も激しいという欠点もあります。

構築については本当に人それぞれだと思いますが、今回は暗黒界パーツを考えうる限り必要最低限の枚数で構築しました。

「未界域暗黒界」のサイドプラン

サイドプランについては、「未界域暗黒界」へのメタカードも意識しつつ、汎用的に使えるカードを投入したつもりです。

「未界域暗黒界」への対策カード

「インスペクト・ボーダー」

一番このデッキの展開を止めてしまうカードです。確実に無限泡影や精神操作などで対策をしなくてはいけません。

「墓地へ行かず除外する系の永続カード」

シラユキやゼピュロスなど墓地を活用するカードもあるので、永続系の除外カードはツインツイスターなどで対策します。

「ドロール&ロックバード」

…無理です。

ヒノキ杯の環境について

さまざまなデッキテーマが群雄割拠していて、非常に良い環境だと思っています。

東北の遊戯王環境では、自分が使いたいカードやデッキを活かすための構築をする方が多いので、ヒノキ杯も例に漏れず各々がお気に入りのデッキを使用していて毎回楽しいCSです

チームを組んだ経緯について

ヒノキ杯に参加したくてTwitterでチームを募集したところに「栞さん」と「オルドさん」が組んでいただけるとのことでチームを結成する運びとなりました。

最後に一言

ヒノキ杯で優勝できるとは思いませんでしたが、テーマ的には「未界域暗黒界」は強いテーマだと考えています。

展開系ソリティアが好きな方は、ぜひ1度お試し下さい♪

なにかあれば、モブですが相談などに乗ります(笑)

………………………………………

…………………………

………………

…………

じつは使用者の「たけちゃん」とは、以前にヒノキ杯で対戦したことがあります。

毎回本当に楽しそうに対戦されていて、自分の中では今でも「たけちゃん」との試合が非常に楽しかったのが今でも印象に残っています(笑)

「たけちゃん」(@M_M_TKR)、今回は優勝おめでとうございます!

To be continued…

スポンサーリンク

ほかの遊戯王のブログは、こちらから見ることができます。
遊戯王ランキング

-コラム

Translate »

Copyright© 初手フルハウス , 2019 All Rights Reserved.